MENU

新着情報

News

レンガの家Webサイト

新着情報

こんにちは、ネクストホームです。

今回は、耐震性の高い「ツーバイフォー工法」についてお伝えします。

 

「ツーバイフォー工法」とは

 

木造建築の工法である「木造枠組壁工法」のひとつです。使われるランバー材のサイズが「2インチ×4インチ」であることから、ツーバイフォー工法と呼ばれます。このランバー材と構造用合板を使って、壁、床、天井、屋根部分を構成し、それらを組み合わせた箱状の構造で家を作ります。

 

柱や梁など「線」で建物を支える従来の木造建築「木造軸組工法(在来工法)」と比べ、「面」で支える分、耐震性が高くなるのです。

 

「ダブルウォール工法」とは

ツーバイフォーやテクノストラクチャーなどの構造部分と、レンガ積み外壁が二重構造となる工法のことです。ネクストホームのレンガの家は、レンガの外壁の中に縦横に鉄筋を入れています。地震でレンガの外壁が揺れたとしても、家を支える構造部分との間に3センチの空気層があり、レンガは鉄筋が縦横に入り崩れ防止をした上で自立しているため、外壁の揺れが構造部分に響くのを最小限に抑えられます。また空気層は外壁の結露防止の役割も果たします♪

さらに、構造部分とレンガの外壁は約15,000個(壁面積によって異なります)の金具で固定してあります。この金具がレンガの外壁をしっかり引っ張り、倒壊を防ぎますこの工法は、耐震実験で阪神淡路大震災の1.5倍の揺れにも耐えうることが証明されています。